"> キズを直せば車売却価格はあがるのか

長年車に乗っていると小さなキズなどは出来てしまう

車を持っている人であれば、車売却を行なうことがいつかはくることになると思います。

いざ車売却を行なうとなった時に気になってしまうのは、車についてしまったキズだと思います。

中には壁などにぶつけてしまってへこんでしまっている部分もあるという人もいるでしょう。

長年車に乗っていると、小さなキズなどは多かれ少なかれ出来てしまうものです。

車売却を行なう時に、ちょっとでも高く売りたいと思い、車を査定してもらう前にキズやヘコミを直すことによって車売却価格は上がるものであるかどうかは気になるところだと思います。

まずはキズに関してですが、長い間使用しているうちにどうしてもついてしまうようなレベルの小さいキズであれば、そのキズによって車売却価格に大きく影響することはありません。

現在では、カー用品でキズを消せるタッチペンのようなものも販売されていますが、そのようなものでキズを隠そうとしても、査定をする際にはわかってしまうものですし、下手に使用して余計にキズが際立ってしまったということもあるようなのであまりオススメできる方法とは言えません。

次に車のヘコミに関してですが、修理を行なってから車売却を行なっても、かかった修理費よりも車売却価格が上がるということはほとんどないようです。

車両保険を使用して修理を行なうという方法であれば、総合的に得をするケースもあると思いますが、保険を使用して保険の等級が下がってしまい結果的に損をしてしまうことはないかということも考えなければいけません。


このページの先頭へ