"> リサイクル料金とは

リサイクル券を紛失していませんか

現在、新車を購入する際には、リサイクル料金というものを支払うことになっています。

2005年以降に新車を購入した人は購入時にリサイクル料金を支払っていると思いますし、それ以前に新車を購入した人であれば2005年以降の車検時に支払っていることになります。

車を購入する際に、リサイクル料金を支払ってはいるもののディーラーなどに言われるがまま、なんとなく支払っていて、詳細をよくわかっていないという人もいるかもしれません。

リサイクル料金は車売却の際にも関わってくるものなので、どのようなものか知っておくと良いでしょう。

リサイクル料金とは車を廃車にするときに掛かる費用に使われるもので、廃棄する際に処理が難しいとされるエアバッグなどの導入により、リサイクルを行ない、破棄となる物を極力少なくするためには以前よりも費用が掛かるようになったという背景があり、リサイクル法と呼ばれる制度が設けられ、新車を購入する際にリサイクル料金として支払うことになったのです。

車の廃車のための費用としてリサイクル料金を払っているわけなので、車売却をする際には、支払ったリサイクル料金は戻ってくることになります。

リサイクル料金を支払った時点でリサイクル券というものが発行され、支払った人であればこのリサイクル券を所有していることになります。

車売却の際にはこのリサイクル券を渡すことによって、売却料金に金額が足されることになります。

査定額を提示された時点でこのリサイクル料金を含んでいるものなのか、この査定額に足されるものかは事前に確認しておくと良いでしょう。


このページの先頭へ