"> 車の売却で相場を簡単に知る方法

車を売却するなら相場を知っておいた方が良い

車を売却しようとする場合、あらかじめ売却額の相場を知っておいた方が良いというのはなぜなのか改めて整理してみましょう。

車に乗るのを止めるというのは別として、車を売却するというのは新車あるいは中古の別の車に乗り換えるためにい、今乗っている車を手放すということになると思います。

ということは、今の車の売却代金が新しい車を購入するための資金の一部になるということで、いくらで売却できるのかは車購入のための資金計画に大きく影響してきます。

新しい車の購入のために現金あるいはローンの借り入れをいくら準備すればいいのかは、今の車の売却額あるいは下取り額がいくらになるのかによって決まるということになります。

ですから、今の車の売却の相場を知ることは新しい車の資金を準備をするのために欠かせない段取りだということになります。


■車の売却相場を知るためのにはいくつかの方法がある

あらかじめ手放す車の売却相場を比較的簡単に知りたいという場合、大体次のような三つの方法があると思います。

①中古車販売店等の店頭価格から推定する方法

②ネットの相場検索サイトを思量する方法

③無料査定サービスを利用する方法

初めに、①の方法ですが、

まずは中古車販売店やネットの中古車販売サイトなどで自分の車にできるだけ近い状態の車を探し出し、その販売価格を確認する必要があります。

中古車販売店を回って探すのは大変なのでネットの中古車販売サイトの方が検索機能もありますので探しやすいと思います。

具体的には、自分の車と車種、グレード、年式が同じで、走行距離も同程度、そしてボディーカラー、装備品等もできるだけ同じものを探し出します。

その車の販売価格から、中古車流通の中間マージンといわれている20万円~30万円を差し引いた金額が相場金額の目安になります。

この中間マージンというのは、オーナーから買い取られてから中古車販売店の店頭に並ぶまでの、車買取店のマージン、業者オークション関連経費、車両整備やクリーニング等の費用、中古車販売店のマージンなどのトータル金額ということになります。

探し出した車の状態が自分の車の状態に近ければ近いほど相場の金額も精度が高くなるといっていいでしょう。

次の②は、ネットの相場検索サイトで車名、グレード、年式、走行距離などを入力して検索し、相場の概算額を調べるという方法です。

相場を検索できるサイトは様々あり「中古車買取り相場」などのフレーズで検索すればすぐに見つけることができます。

上記の①に比べて、自分の車と同じような車を探し出すという手間は省くことができますが、走行距離以外の状態の違いは反映されませんので①の方法に比べれば大雑把な概算相場になってしまうのは仕方の無いところだと思います。


■実車の査定で相場を正確に知る

上記の③は、実際に自分の車を査定してもらって相場を知ろうという方法です。

ネットでよく見かける車一括査定という無料サービスがありますが、これを利用して車買取店の無料訪問査定をしてもらい、自分の車の売却額の相場を知ろうというものです。

ですから、売却の相場額というよりも売却査定額をズバリ調べる方法だといっていいかもしれません。

具体的には、無料一括査定を申し込むと各社から「車を査定させてください」というオファーが電話で入りますが、その際に「今すぐ売却するのではなく○週間後に売る予定だがそれでも出張査定してくれるのか」と確認し、OKの業者に訪問査定をしてもらうわけです。

注意点としては、査定した業者にたとえば「代車を出すからこの価格ですぐに売ってくれ」などと迫られることもあるかもしれませんが、自分のペースを崩さないようにする必要があります。

この方法で1社だけでなく2~3社の査定を受けることができれば、結構精度の高い相場額を知ることができ、新しい車購入のための資金計画も確かなものにすることができるでしょう。

■いくつかの方法を組み合わせると相場が見えてくる

上で紹介した③の方法は、うまくいけば最も精度の高い売却相場を知ることができるのですが、時間が無くて「訪問査定まではちょっと・・」という場合は、①、②の方法やディーラーに下取り査定額を聞くなど、いくつかの方法を組み合わせて売却相場をあぶりだしていくというやり方でもいいでしょう。

通勤途中に車買取店があれば、立ち寄ってざっと査定だけしてしてもらうのもいいでしょう。

中古車販売店に同年式のものが並んでいたらその価格も参考になるでしょう。

いろいろやっていれば、あなただけにしかできない方法があることに気付くこともあるかもしれません。

いくつかの方法をやっていれば、それらの過程の中でだんだん「やはりこのくらいが相場なんだな」という見当が付いてくるものです。

<参考>軽トラを高く売る


このページの先頭へ